読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽 サケロック ホニャララ

f:id:sg1015:20161027093657j:image

予備校に通ってた頃、iTunesの視聴を録音したものを何回も何回も聞いてたSAKEROCKの「ホニャララ」。

視聴だから1分くらいでぷっつり切れてしまうんだけど、それでも何回も何回も聴いていた。おかげで今でもこのアルバムを聞くと予備校の自習室を思いだす。どうしてあんなに飽きなかったのか?


こんなに面白くて敷居が低くて、それでいて上手くて気が利いててすごい音楽があることに驚いた。これだ、わたしの好きな音楽はこれだ、、、、、、、、!!と思った。

それまで聴いていたロックバンドとは違うと思った。叫びではなくて、音の楽しさだった。
大人のかっこよさを知った。
かっこよさってたくさんあるけど
気の利いたギャグのかっこよさほどかっこいいものは無いと思ってる。
SAKEROCKにはギャグがたくさん詰まってる。でもそれはかっこいいギャグなのだ。でも、かっこつけではないのだ。
星野源マリンバさばきもさることながら、
やっぱりハマケンのトロンボーンの素晴らしさに酔いしれずにはいられない
。

「今の私」の歌うような美しいトロンボーンは本当に聴き心地がいい。トロンボーンはもっとも人間の声に近い楽器と言うが、まさに歌うように奏でるからインストバンドだって思わない。

 

この後わたしがクレイジーキャッツトニー谷、そしてマーティンデニーを聞き始めるようになるのは言うまでもない。