エンドロールの最後まで見続けた。

これを見終えて気付いたことは、私の心はまだあの10代の中に置き去りになっているということだ。それは必ずしもネガティブな事ではなくて。